ビューティージャパン

美容室専売品などのプロ仕様商品で素敵な貴方をアシストするビューティージャパン

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  美しい髪をつくるために

美しい髪をつくるために

こんな経験されたことありませんか?

出産を経験された方は「抜け毛が増えたり、髪が薄くなった」などの症状が出たのではと推測されますが、これは妊娠中に増加していたエストロゲンが出産後に一気に減少するからです。

「抜け毛や薄毛」については更年期など、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が極端に減少する時期になると一気に髪が抜けて薄くなることが多々あります。


     エストロゲンの減少 ⇒ 成長期間が短くなる  休止期の髪が増える  抜け毛や薄毛が目立つ


エストロゲンの減少と髪の太さの関係について説明いたします。
 
グラフをご覧ください



グラフより女性ホルモンは25~30代前半をピークに激減していくのが解ります。
最近知られるようになりましたが、女性ホルモンは同時に髪の太さにも影響しているので、
女性ホルモンの分泌が減ると、髪が細くなり、同時にハリやツヤも失われます


女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの顕著な働き

  • 髪の毛の成長を促す
  • 髪の毛の成長期間を持続させる

※他にも女性の抜け毛や薄毛には血流不足なども影響しているといわれ、血流不足というのは、「ダイエット」・「冷え」の影響などが考えられます。

 
女性ホルモンは、「肌の艶・ハリ」にも大きな働きをしており、真皮層にあるコラーゲンヒアルロン酸も減少を及ぼします。そうすると、肌は乾燥し、ハリと弾力が失われてシワやたるみを引き起こすのです。
また、「シミ」も女性ホルモンと大いに関係り、エストロゲンが減少すると、シミの原因になるメラニンが増加することがわかっているのです。
さらに、エストロゲンは爪の発達にかかわる働きもしており、爪も薄く、割れやすくなります。

では老化が一気に進むのを食い止めるためのエイジングケアで何かできるのでしょうか。
一般的に推奨されているのは、急激に失われていく女性ホルモンに似た働きを持つ成分を積極的に摂取することです。その代表的なものの1つが「大豆イソフラボン」です。

大豆イソフラボンはポリフェノールの一種で、分子構造が女性ホルモンのエストロゲンとよく似ていて、体内に吸収されるとエストロゲンと同様の働きをすることから「植物性エストロゲン」ともいわれています。毎日の食生活に大豆や大豆製品を積極的に取り入れることは大変良いことです。また女性ホルモン効果の期待できる育毛剤を活用するのも効果が期待できると思います。

美しい髪の毛をつくるための心得
 
①髪に良い食生活を実践する・・・毛髪の主成分「ケラチン」はタンパク質に含まれる含硫アミノ酸から作られます。健康な髪を育てるためには、良質なタンパク質を日常的に摂取することが大切です。
タンパク質・・・鶏肉・牛肉(髪の細胞の成長促進・強化を促す)
カルシウム・・・ヨーグルト・チーズ・低脂肪牛乳(髪の健康を促進)
亜鉛・鉄分・・・大豆イソフラボン(女性ホルモンの働きを助け細胞を強化し、男性ホルモンの働きを抑制する可能性もある)

※食事の時間がきても食べなかったり、お腹が空いて大量に食べたりすると、人間のからだは本能的に危険性を感じて、エネルギーを脂肪に蓄えてしまいます。また、夜食の食べ過ぎは肥満の原因になるだけでなく、睡眠の質が悪くなり、無気力・倦怠感につながります。朝・昼・夕3回の食事は、3~4時間で食べ物が消化・吸収されることから考えても合理的なのです、特に朝食は大切です、必ず食べましょう。


②8時間睡眠を実践する・・・寝ている間に、自律神経の「副交感神経」が働いて末梢血管が拡張され、皮膚の新陳代謝が活発になります。皮膚を修復する成長ホルモンは、入眠直後に分泌され「髪の生成」および「ダメージの修復」を手伝います。十分な睡眠がとれないと肌がカサつくのと同様に髪がパサついて艶がなくなります。

③タバコは量を減らす・・・タバコのニコチンには血管の収縮作用があるため、毛根に十分な栄養(血液)が行き渡らなくなり、抜け毛・薄毛の原因になります。
できれば禁煙をおすすめしますが、ストレスが溜まって無理ということならばせめて本数を減らしましょう。
また、ビタミンCのこまめな補給を心がけてください。


④育毛剤を活用する・・・女性ホルモンが髪の毛と深い関係にあるために、男性の場合は前頭部と頭頂部に、女性は頭頂部のみに症状が現れるようです。女性は前頭部の髪は保たれますが閉経後には急速に増えてくる傾向があります。結論から言うと女性ホルモンが髪の毛に良いということがよく解ります。イソフラボンは、フラボノイドの一種で、大豆の「胚芽」部分に多く含まれ、「苦み」や「えぐ味」をもたらすと物質として知られています。

大豆イソフラボンは、女性が体内で分泌する女性ホルモンのエストロゲンと化学構造が似ていて、エストロゲンと同じような働きをし、育毛促進にも効果がります。
 
効果的なビューティージャパン推奨のヘアケア法をご紹介します。

髪年齢(HAIR AGE)別によるヘアケア対処法をご覧ください。